2011年09月28日

簡単カポナータ

レシピ集IMGP4528.JPG

なすとマッシュルームを不破先生からいただいた
ドライトマトのオリーブオイル漬けでじっくり炒めました。

塩コショウで味付け。

シンプルでなすの甘みがじんわりおいしい!
トマトの甘酸っぱさがいいアクセント。

たっぷり作ったので、翌日はスーゴで和えてレンジでチン♪

あっという間にカポナータ風!!

旨み凝縮のスーゴがなすに染み込み、またちがったおいしさ。
こんなに手軽にカポナータができちゃうなんて、急な来客があっても大丈夫!

最後にクスマイ・EXVオリーブオイルBIOを回しかければ
立派なおもてなし料理です。

posted by Asu at 22:31| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | オリーブオイルレシピ【野菜】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

大船渡からの贈り物

レシピ集IMGP4526.JPG

いつもおいしいレシピを提供してくださるお料理教室みっちぇるの不破美穂子先生から
ステキな贈り物をいただきました。

不破先生のご実家は岩手県大船渡。

今回の大震災で大きな被害を受け、先生のふるさとの様子は一変してしまいました。
少し前のことになりますが、先生がふるさとのために、と帰省の際に炊き出しをされるという
お話を伺いました。
Asuに出来ることは、体に優しく、おいしいものをみなさんに召し上がっていただくことだと思い、
ほんの少しですが、オリーブオイルとスーゴをご提供させていただきました。

先生の手打ちのうどんとAsuのオリーブオイルとスーゴで作ったミートボールカレーを
海のちかくキャンプ場でふるまっていただいたそうです。
そのまま食べることができるスーゴは、おみやげにお渡しし、
大変よろこんでいただけたこと、皆様からの感謝のお言葉をいただきました。

そして、先生のご実家で採れた沢山のトマトで作ったドライトマトのオリーブオイル漬けを
贈っていただきました。

現地では、皆で集まるような場所もなく、海辺のキャンプ場での炊き出し
すぐに食べられるものがとても貴重で助かるというお話、まだまだ不自由な生活が続いています。
そんな中で採れた貴重なトマト。
お送りさせていただいたもの以上の贈り物をいただいてしまいました。

早速、いただいたトマトのオリーブオイル漬けでパスタを作りました。

レシピ集IMGP4531.JPG
マッシュルームを加えて軽く炒め、ゆでたてパスタと和えました。
甘酸っぱくてジューシーなトマトの旨みとBIOの香り。
シンプルながらも絶品パスタの完成です。

にんにくがたっぷり入っていますが、BIOの香りが損なわれていないのにびっくり!
じゃがいもと炒めてもおいしいとの先生からのメッセージ。
今日はじゃがいも炒めで決まり〜♪

先生、そして大船渡のみなさまありがとうございました。
posted by Asu at 12:31| 埼玉 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | asustaffのオリーヴァー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

コクうま☆本格レッドキーマカレー

レシピ集IMGP4518.JPG

新商品スーゴを使って、わずか10分で本格カレー!!

スーゴと言うのは、南イタリアの郷土料理であるトマトソースのコト。
南イタリアの太陽をたっぷりと浴びた完熟トマトをベースに、
たまねぎやセロリ、にんじんなどなどプーリアの野菜がたっぷり入ったトマトソースです。

トマトにはグルタミン酸といううまみ成分の含まれる割合が野菜の中ではトップクラス。
そこにさらに旨みの強い根野菜、さらに極上のクスマイ・EXVオリーブオイルが
たーっぷりと加えられているのですから、そのまま食べてもおいしいスーゴ

そんなスーゴにちょっとひと手間。
自家製スパイスを加えて簡単本格レッドカレーができました。

【材料】 (4皿分)
クスマイ・スーゴ     150g
クスマイ・パッサータ   200g
クスマイ・オリーブinサラモイア  8粒
カレールー(フレーク状)  大さじ1
クミンパウダー        大さじ1.5
カルダモンパウダー     大さじ半分
ナツメグ            大さじ半分
チリパウダー         大さじ1
大豆ミート(ひき肉タイプ)  30g
クスマイ・EXVオリーブオイルLEGGERO 適量

【レシピ】
1.大豆ミートを5分茹でて戻す。
2.茹でて戻した大豆ミートの水分を切る。
3.オリーブinサラモイア(グリーンオリーブ)は種をのぞき、みじん切りにする。
4.LEGGEROで大豆ミートとオリーブのみじん切りを炒め、スーゴパッサータを加える。
5.ひと煮立ちしたら、カレールーを入れて溶かし、スパイスを加え全体をなじませたら完成!

子供向けにカレールーを少量加えましたが、スーゴパッサータのトマトの旨みで
スパイスだけでも十分コクうまです。隠し味に加えたオリーブもコクだしに一役買っています。

大豆ミートでベジタリアン仕様にしてみましたが、牛や豚のひき肉でももちろんOK!
ひき肉の方が戻す手間もなくて、さらにお手軽ですね〜♪

玉ねぎやにんじんがスーゴにたっぷり入っているので、野菜を用意する手間いらず♪


そのままで、一味加えて、どちらでも楽しめるクスマイの新シリーズ。
ぜひご賞味ください♪


party.jpg

お料理講師不破美穂子先生の
ホームパーティレシピ掲載中♪
posted by Asu at 00:24| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | オリーブオイルレシピ【ごはん】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

叔母夫婦


motteruです。


イタリアローマーに40年在住している叔母夫婦が久しぶりに来日しました。
日本中を飛び回る二人に昨晩ようやく会う事ができました。
 
家内と息子はクスマイ農園の収穫時には南イタリアプーリアに行き、叔母たちとは会っているが
私自身は2年ぶり。今回はオリーブの搾油機の
輸入に関する打合せと正式なオリーブオイル協
会設立を進める事が
目的。 65歳を過ぎた叔母夫婦のそのパワーには圧倒される。
食用油メーカーそれぞれの加盟できない理由、そして何よりも文化
の大きな違い。
叔母たちは、日本のオリーブオイルの現状を嘆きながらも、それらのハードルを何ら問題と考え
ていない。

そもそも本業は叔母は教師でありオリーブオイルテイスター。
叔父はスペインが拠点の世界オリーブオイル協会の理事。
日本から見ればJAS規格を否定する厄介な人物かもしれません。
 

いつか日本でも離乳食に当然の様にオリーブオイルが使われる。
その為には栄養価の高い安全なオリーブオイルが消費者に提供
されなければならない。
そんな事を夢見てボランティアで活動する叔母達から学ぶ事は多い
 

駅で別れる際に叔母が「今年はあなたも必ずイタリアに来なさい!
」と言いながら
私の頬の思いっきりキスをしました。 これも文化の違い? 

やはり私にはかなりハードルは高いのです。
posted by Asu at 19:10| 埼玉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | asustaffのオリーヴァー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

GIRO


motteruです。


ここ数日は残暑が厳しく、快適になりつつあった自転車通勤が夏の振出しに戻った感があります。

愛犬KOTAROはワクチンプログラムを終えて最近「お散歩デビュー」を果たしました。
まだまだ怖いのか、抱っこが7割、歩くのが3割といった感じです。
歩くといってもクンクンと頭を左右に振りながら必死に匂いを嗅いでいるので一向に前に進みません。
その姿はまるでラッセル車です。


仕事の都合上、KOTAROは1日12時間もお留守番をしています。
最初から分かっていることとはいえ少し可哀な気がします。

そこでお誕生日が近い兄弟犬を迎える事にしました。
KOTAROはミニチュアダックスフンドですが、新人GIROはさらに小ぶりなカニンヘン
ダックスフンドです。 これでお互い留守番が長くても寂しくはないだろうと・・・・・。

これは私の勝手な思い込みの様です。
同じサークルに入れれば大ゲンカ! どちらかが吠え始めると2重奏になってしまい・・・。

飼う事の大変さは2倍以上になりましたが、これからの事を思うと楽しみは100倍です。





カニンヘンダックスフンドのGIRO。
体は小さくてもヤンチャ度ではKOTAROを寄せ付けません!!

DSC04731.jpg
コタ - コピー.jpg

「こら〜 喧嘩はダメだぞ!」とお叱りを受けた瞬間!  この直後またバトル開始となります。
posted by Asu at 17:02| 埼玉 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | asustaffのオリーヴァー日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

ホームパーティしよう!新商品のご紹介☆



南イタリアプーリアで昔ながらのこだわり製法で、
おいしいオリーブオイルをつくるクスマイ農園から新商品が届きました!!

08231152_4e5315e203ced.jpgクスマイ・オリーブinサラモイア

通常、オリーブの実の苦味をとるために使われるのは苛性ソーダですが、
クスマイは薬品を使わず、剪定したオリーブの枝を燃やした灰から作る
燻製液にオリーブを浸してあく抜きをします。
大変時間と手間のかかる昔ながらの製法ですが、安全とおいしさのため
手間暇を惜しまないのがクスマイ農園。
フルーツとしてのオリーブの風味と食感を楽しめるよう塩分を抑えたまろやか風味。
オリーブを知り尽くした職人ニコラの渾身の逸品です。



08241627_4e54a7fe73083.jpgクスマイ・スーゴ

南イタリアプーリアの地元でとれたいろいろな野菜を煮込んで、
クスマイ・EXVオリーブオイルを贅沢に加えて仕上げたトマトソース。
カラダにすーっと染みわたる優しい味わいは、そのまま飲めてしまうほど。
パスタソースとしてはもちろん、アレンジも自由自在!

プーリアの郷土料理であるスーゴは、クスマイ農園を
影から支えるマンマの自信作です。



08192059_4e4e50267e22c.jpgクスマイ・パッサータ

プーリア特産の希少なトマトのトマトピュレ。
トマトを茹でて濾し、少量の塩とバジルで風味づけしてあります。
南イタリアでは、真夏の太陽を浴びて完熟したトマトを収穫し、
1年分のピュレを作るのが習慣でした。今では、自分で作る家は
すっかり減ってしまい、スーパーなどで売られる缶詰が主流。
昔ながらのピュアな味を守り続けるクスマイファミリーだからこそ
出来たイタリアンスローフードの真髄をご賞味ください。



昔はプーリアのどこの家庭でも作られていたものですが、便利な既製品に押され
今ではすっかり作られることの少なくなってしまった保存食でもある3品。

私たちにとっては、きっと昔おばあちゃんが毎年漬けていた「梅干し」や「らっきょう」
「たくあん」だったり、「味噌」のようなもの。
今はスーパーに行けば、一年中安く手に入るので、わざわざ手間暇かけて作ったりしない。

でも昔は収穫した季節のものを1年間味わうための知恵の詰まったおいしい保存食。
家族みんなで梅のヘタを取ってみたり、今日はお姉ちゃんね〜なんて言いながら
交代でぬか床をかき混ぜたり・・・

クスマイファミリーが家族総出でトマトを煮込んだり、毎日毎日オリーブの状態を
交代で見たりしながら、安全でおいしい南イタリアの郷土料理を作る様子を思うと
そんなちょっぴり懐かしい記憶がよみがえります。

安全でおいしいイタリアンスローフードが新しく仲間に加わりました。
クスマイファミリーの手作りのため、どれも数量限定となっておりますが
ぜひエキストラバージンオリーブオイルと一緒にご賞味くださいませ!



party.jpg
新商品3品を使ったおもてなしレシピをご紹介!!
秋はおいしい食材がいっぱい♪
仲の良いお友達をさそってみんなでホームパーティを楽しみませんか?

posted by Asu at 00:39| 埼玉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。